ロケットパワーにんじん君で燃費向上

ロケットパワーにんじん君のご紹介。 返金保証付きのロケットパワーにんじん君で燃費を向上させましょう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

“ロケットパワーにんじん君”ユーザーの声7

“ロケットパワーにんじん君”ユーザーの声7

●アベニール

フォローのメール有難うございます。
取付も無事に終了いたしました。
日産のハイパーCVTM6搭載車なので、ロックアップが締結されるタイミングの影響もあり、100%ニンジン君の効果とはいかないにしても、あと少しで12Km台に手が届くところまで燃費が改善されました。
1500rpm以下でのトルクも、向上している様です。
ニンジン君を取り付けた車ですが、アベニール(SR20DE)になります。
片道20Kmの通勤での使用が主で、平均時速は約40Km(郊外の空いた道なので)ですから、 本来何もしなくても、この位の数字が出ておかしくないのですが、ロックアップされるタイミングによって、燃費にもかなり影響が出ています。
気温が5℃以下まで下がると、10Km走ってもロックアップされないため、燃費は10Kmちょっとという状態でした。
最近は、水温が上がったら強制的にロックアップするように改造したこともあり、コンスタントに11.8Kmを記録しています。
通勤のみではこの辺りが限界のようです。
ちなみに、前の車はSR18DEの4速ATで、11.5Km位でした。
回転数を抑えて巡航できるのがCVTの最大のメリットであり、長距離をかけた時の結果が楽しみです。
各メーカーが、CVTの燃費面での優位性を強調していますが、大部分のドライバーはAT車の時より燃費が悪化しているはずです。
しかし、これは極あたりまえのことで、うかつにメーカーに問い合わせすると、不要な部品交換で余分な出費を被ることになるでしょう。
この車のおかげで、自動車工学を学ぶ機会を得ることができました。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。